-

こんにちは。新丸子の雑貨店Common Lifeのdeco.です。昨日から始まった作家conoHana*さんの個展「ちっちゃいおじさんとちっちゃいおばさんの最後の?合宿」は、おかげさまで大盛況です。

まだまだ作品はたくさんございますので、ぜひ遊びにいらしてくださいね!

さてさて。営業日も残り少なくなってきましたので、お世話になった作家さんに「ありがとう」を伝えるシリーズも続けていきたいと思います。

職人魂

PINTさんのご紹介。

日本の職人さんと膝を突き合わせで物作りをしているブランド。生活にフィットしたデザイン、耐久性に優れ、使う度に風合いがましていく素材で物作りをしています。

木の器や、竹製品、リネンなど、こだわりのあるちょっと良いものを取り揃え、当店のコンセプトでもある「ていねいな暮らし」が正に想像できそうなアイテムばかりです。

【毎日使いたい「四季を味わう木の器」】PINT

たがる包丁/12.960円

中でも、当店ではこちらのお箸が大人気。

すっと伸びた細いラインの竹箸。漆でコーティングされているので、耐久性も抜群。何よりも、掴みやすい!

これで豆つかみ大会に出場したら、間違いなく優勝できるお箸です。

冷やっこも崩さず食べられるし、秋刀魚の小骨だって綺麗にとれます。

出会いは茶筒

PINTさんとの出会いは、この茶筒でした。

[ろくろ挽きの木の茶筒]Pint!

6年前イベントで見かけ、一目惚れ。お安いものではなかったので、少し悩みながら会場を後に。それでも諦めきれず、昼食を挟んでイベント会場にもどり、PINTさんにお声をかけたのでした。

それからも、PINTの中地さんからは「ものづくり」に関してたくさんのことを教えていただきました。

おかげで、木製品、リネン製品を仕入れる時に気をつけること、お客様へご紹介するときにお伝えするメリット、デメリットなど、たくさんのことを学ばせていただきました。

PINTさんの商品をお取り扱いできたからこそ 当店には「長く使いたい”良いもの”がある」とお客様に言っていただけるようになりました。

PINTさんは、昨年拠点を京都へ移され、店舗を構えました。お近くへ遊びに行かれた際は、ぜひのぞいてみてくださいね!

京都店舗のご案内

それでは今日もお読みいただきありがとうございました!楽しい週末をお過ごしくださいね。

-