-

こんにちは。昨日、娘に「ポケベルってなに?」と聞かれ、ポケベル時代を熱く語ったdeco.です。ちなみに「※2※2」って何だったか覚えていますか!?(笑)

連日お届けしている、お世話になった作家さんをご紹介するシリーズ。第4話。

今日は新作も交えてのご紹介です。

Lindhilo

Lindhilo 2017

パラグアイ刺繍「ニャンドゥティ」でアクセサリーを作られている、作家Lindhilo(リンディーロ)さん

南米 パラグアイに伝わるレース「Ñandutí(ニャンドゥティ)」
その伝統的な図案をベースにアクセサリーをつくっています
ブランド名はスペイン語の “lindo(美しい)” と “hilo(糸)”から付けました
ニャンドゥティとは、現地の言葉で「蜘蛛の巣」を意味するそうです
私のつくった小さな蜘蛛の巣が、この美しい伝統工芸と、それを育む
パラグアイという国を身近に感じていただくきっかけになればうれしいです

Lindhilo

軽過ぎるアクセサリー

ほぼ糸の重さだけのアクセサリー。とにかく軽くって、付けているのも忘れるくらい軽やか。 この透け感がまた、涼しげで、軽やかな耳元を演出。ふわふわ〜って感じです。

こ生地に刺繍を施してから、最後は生地を全て抜いてしまうという技法。軽やかな見た目とは裏腹に、根性がないと作れない作品です。

制作途中の風景

新作登場!

ピアス(14kgf) ¥3500+tax

なななんと!Lindhiloさんから新作が届きました!一つは、今までよりも華奢なピアス3種。耳の少し下の位置で控えめに揺れます。

そして、もう一つは、飾れるニャンドゥティ「フレーム入り」

¥3500+tax

玄関先や、キッチンカウンター、立てておくだけでとってもおしゃれな雰囲気に。

どれも約10cmほどの、小ぶりなフレーム。中でニャンドゥティがゆらゆら揺れます。こんなの欲しかった〜という方、お気軽にご連絡くださいね!

友だち追加

Lindhiloさんとは、作家デビューされる前からのお付き合いでした。まさかこんなかたちになるとは、想像もしていませんでした。台湾の手作り市も一緒に出店しちゃったし。

ブランド立ち上げの時から、あれやこれやと一緒に相談したのが、随分昔のことのようです。私にとっても、とても良い経験となりました。ありがとうございました。そしてこれからもよろしくお願いします。

Lindhiloさんの作品は、店頭にまだございます!ぜひご覧くださいね。


-