-

12月のきりん

こんにちは。新丸子の雑貨店Common Lifeのdeco.です。5/31の閉店まで、お世話になった作家さんをご紹介するシリーズ。第4話。

どんぐりネックレスが大人気の「12月のきりん」さんです。

おばちゃんになったって。

12月のきりん/なすび

どんぐりを拾った経験ありますか?

もうこの歳になると、そんな思い出も遠い昔。。。そんな「子供の心」を完全に忘れかけたいて私に「あの頃」を思い出させてくれたのが、12月のきりんさん。どんぐりをずっと持っていたい。でもお母さんには「虫が湧くから捨てなさい」って言われた。

そうそう、そうなのよね〜!そんな「ずっと持っていたい」というあの気持ちを、ガラスのどんぐりに封じ込めて、実現してくださったのが、この作品たちなのです。

リアルな帽子

ひとつぶのゆめ/イヤリング

作品に使われている、どんぐりの帽子は、本物です。作家さんが、シーズンになると山にどんぐりを拾いに行くところから、制作活動はスタートします。

作品には「コナラ」と「アラカシ」が使われています。特に「枝付き」はレアなんです。

新作が入荷すると「枝付き」からお嫁に行きます。

12色の。

ネックレスやイヤリングのカラーは、写真の12種類。それに加えてシーズン限定カラーがあります。

ひとつぶのゆめ/つゆくさ

透明なシリーズは、あえて気泡を閉じ込めているとのこと。これがまた、透かすと美しいのです。

オーダーでも、たくさん作っていただきました。

当時2歳のお嬢様へのクリスマスプレゼント

写真は、当時2歳のお嬢様へのクリスマスプレゼント。ラムネが大好きだったお嬢様へ「ラムネ」色のどんぐりを。お母様は、お揃いのピアスをオーダーいただきました。

そのお嬢様も、今は小学2年生。月日が経つのは早いものですね。

12月のきりんさんは、とっても温かくて自然体な女性。関西方面にお住まいなので、なかなかお会いできないのですが、メールやLINEのやり取りをする中で、とても近くに感じています。

勝手にですが、妹のような存在だと思っています。

これからも、自然体な彼女の作家活動を応援していきたいです。

13番目に入れてください! by deco.

-