こんにちは。「令和」の顔ハメが想像以上にウケております。旬なうちに撮りに来て下さいね〜!と、元号に「旬」とか失礼なことを言っているCommon Lifeのdeco.です。昭和の旬はいつだったのでしょうね。

週末は暖かくなるようです。日差しも徐々に強くなってくるこの季節。昨年も大好評だった「和紙」の帽子が入荷しました。

1日4個しか作れない帽子

帽子界では、どんどん少なくなってきた「純国産製品」
素材の天然和紙も、編み立ても、肩入も、全て日本です。日本の職人技って、すごい!

更に、日本の職人さんがゆっくり時間をかけて編んでくださるので、1日4個出来るかできないか。な帽子です、

流行の和紙。なぜ和紙か。

最近、和紙の帽子は、雑誌でもよく取り上げられていますね。天然和紙には、驚くほどのメリットがあります。

  • 吸湿性が高い
  • 通気性に優れ涼しい
  • 紫外線を99%カット
  • 抗菌効果があり、汗で臭くなりにくい
  • 折りたためる
  • 頑丈
  • 水に強いので「洗える!」

まだまだあるメリット、全部は書ききれないほどです。

唯一のデメリットは、素材単価が高いこと。更に、全ての工程を日本で行うことでもちろん工賃も高いわけで。。。

ということで、今回はあえて格段に荒い編み立てをすることによって、手編み工賃を下げ、このお値段が実現できたそうです。

日本製手編み和紙セーラー/ ¥10.000+tax

3色展開です

昨年ご購入くださったお客様からも「この帽子を被ると、他のにいけません」と嬉しい感想をいただいています。

嬉しいです。職人さんにもこう言ったご感想を伝えていきたいと思います。

それでは今日もお読みいただきありがとうございました。楽しい木曜をお過ごし下さいませ。

-