go to link -

http://stiftungstarke.de/viagra-ohne-erektionsstörung/

陶芸家 音屋nakagawaさんのhistoryです。

こんにちは!新丸子駅より徒歩4分。路地裏の雑貨店Common Lifeのdeco.です。台風7号の営業で、各地大雨になるようです。土砂崩れなど大事に至らぬよう祈るばかりです。

二人で音屋nakagawa

絶賛開催中の合同企画展「history」
今日は、茨城の陶芸家「音屋nakagawa」さんのご紹介です。ご夫婦で活動されている音屋nakagawaさん。ご主人の中川直人さんと、奥様の洋子さんのご夫婦で活動されています。

直人さんの作品は、シンプルでシュッとした磁器のブルーの器が当店では大人気です。

洋子さんは、油絵の画家でもあり、絵付けの器を作られています。

今回は、お二人それぞれに思入れある作品をお披露目してくださいました。

 

焼きしめ

直人さんの作品「焼きしめ」

焼きしめ
今の作風になる前に直炎式窯(巨大な七輪のようなもの)で「焼きしめ」の 器を制作。焼きしめは粘土で作った器(釉薬なし)を、窯で1週間から1ヶ月 かけて焼き、炎の力で器の表情をつくる方法。私がおこなった焼きしめは、そ れを一日でおこなう荒業。 急冷急熱に強い耐火粘土で器のかたちをつくり、それを直火で一気に焼きあ げるというもの。薪の変わりに炭(ナラ炭と備長炭)を使い、送風機で空気(酸 素)を送り瞬時に火力アップします。高温のため、タイミングを見計らって窯 の中から器を取り出さないと器も溶けてしまう(マグマみたい)。器を出し入れ する時に使う長い鉄のはさみ棒の先は熱で鉄が曲がり、握る分厚い革手袋から は煙が出るほどで、急いで手袋を脱ぐものの手の火傷は必須。耐火粘土を使っ ていても、器にヒビが入ったり、器が溶けてしまったりと成功率は50%程度。 そんな器です。体力も使うけど制作コストも高い(備長炭は高い)し、これが 良いと思うのは本人と少数のマニア様だけのため自慢する場も相手もなく販売 に至らずお蔵入り。
音屋 nakagawa 中川直人

ちなみに、こちらはヒビが入ってしまった作品(サンプル)

 

フリーカップ色々ございます。


歪みや、持ったときのしっくり感、つや、どれも1点ものですので、お気に入りを探してみてくださいね!

焼きしめフリーカップ
¥2500〜36,000+tax

薬味入れ
¥2,500+tax

実は私、以前直人さん以前焼きしめの器をプレゼントしていただきました。日本酒をいただく時には必ず使わせていただいております。
このなんと言いますか、日本酒がさらに美味しく、丸く感じる。お気に入りの器です。

「お猪口だと少なくって、グラスで飲むには罪悪感が、、、」という方にはオススメです。

 

10年前の絵付け

洋子さんからは、絵付けを始めた頃の作品が届きました。染め付けの小皿。

陶芸を始めたのは10年ほど前。本職の絵やイラストの延長で旦那 が作った器に好き勝手に絵を描いたのが始まりです。でも旦那の器 に描くとそれなりのプレッシャー(失敗するとヤバイ)があるので、 そのうち自分が作った器で描こうと陶芸を独学で始めました(旦那 は優しく教えてくれないので)。最初のころは呉須(青い色)で描い ていましたが徐々に色が増え、現在の多彩な絵付けやレリーフ(イッ チン、陽刻)になりました。今回は、その初期のころの器です。あ らためて観るとおおらかで以外といいかもです。

音屋 nakagawa 中川洋子

なんだかた、中川さんご夫婦らしいエピソードだなと、クスッと笑ってしまいました。

洋子さんの作品は、器の側面や裏側までこだわって絵付けされています。いろんな発見がすごく楽しい器たち。女性のファンも多いです。

染め付けの小皿
¥1,200〜1,500+tax

 

一見すると作品の雰囲気も全く異なるお二人ですが、お会いしてお話をして、作品を拝見していると、 http://fwhp.ca/index.php/component/jevents/modlatest_rss/atom/meetings-conferences/weddings-private-functions やっぱりお二人揃っての「音屋nakagawa」さんなのだな。と改めて思いました。

 

出会いは5年前

5年前の益子の陶器市で、私は音屋nakagawaさんと出会いました。

青い器に一目惚れ〜〜!でした。

「雑貨屋をこれから始めます!陶芸の知識ゼロです!!」な私に、直人さんはとっても丁寧に分からないことを教えてくださいました。その後も会うたびに色んなことを教えてくださいます。

私の陶芸の知識のほとんどは、音屋さんの受け売りです(笑)

これからも、音屋さんには当店の成長!?を見守っていただけたらと思います。

それでは今日はこの辺で。最後までお読みいただきありがとうございました。

-