-

こんにちは。Common Lifeのdeco.です。今日は冷えますね〜。朝、耳が冷たくて痛かったです。こんな時ロン毛に憧れます。しませんが。

実は、今日からスタートしました、PINTさんの「ニット展」
配送の関係で搬入が遅れそうだったので、当日の告知になってしまいました。すみません。

 

PINTとは

天然素材と日本の職人の伝統的な技術を活かして、今の暮らしにフィットするものづくりを行なうプロダクトブランド。毎日の暮らしの中で心地よく使いたい道具を生み出すために、プロフェッショナルな作り手と今の暮らしのシーンを知る使い手を結びます。

PINTさんは、メーカーというより、職人さん寄りなブランド。

どっぷりとモノづくりを、職人さんと一緒に取り組んでいる姿勢は、尊敬してやみません。モノづくりのこだわり、現場の声というものを、うちのような店にしっかりと届けてくださいます。

 

そんなPINTさんが、今回春まで使えるニットたちを揃えてくださいました。1/27までの期間限定で、店頭販売いたします。

当店初登場の、enricaのお洋服たち。

【enrica】

心地良さと女性らしさをテーマにしたブランド。日本だけでなく、欧米でもコレクションを発表しています。

「衣服の着心地のよさ、素材や色の美しさを大事に洋服作りをしていたら、天然素材と天然染めに行き着いた」というデザイナーの町田栄子さん。パリで活動の後日本に戻られた経験から、「日本らしい洋服文化」という視点を持って洋服作りをされています。日本の伝統的な素材や技術、出会う人たちとのつながりを大切にした洋服作り。「心地良さと女性らしさ」があらわれた洋服は、美しさと高いクオリティはもちろん、その背景にある、真摯なものづくりの姿勢と温かさも魅力です。

服は、長い時間、日々直接肌に身につけるもの。enricaの洋服を通じて、天然素材や天然染めの魅力を感じていただけたらと思います。

 

モヘアシルクシリーズは、女性らしい柔らかさとしっとりした生地感が特徴です。

なんと、この優しい染め色は草木染め出そう。うっとり。

 

 

そしてもう一つ。

【ケンランドリネン linen × knitting】

元々、ウールを中心としてコレクションブランドのニット製品の製造を長く支え続けてきた山形県のケンランド社が、独自の研究を重ねて完成した技術。

リネンの織りは、PINTでも従来から扱うように多くありますが、同社のリネンの編み(ニット)技術は他には見られない高いレベルで、ヨーロッパでも認められるほど。原料の仕入れからこだわり、ニット製品を作る際も、リネンの素材の良さが活かされる糸使いとものづくりをしています。

レギンスから、人気のプルオーバー、ストールまで、幅広く揃えております。

リネンニットは、オールシーズン使える優れものです。

 

【enrica】【ケンランドリネン linen × knitting】どちらも、こだわりの良いものを長く愛用したい!という方には、自信を持っておすすめします。ぜひお手にとって、肌触りを確認してみてくださいね。

PINTのニット展は。1/27(土)までです。(日月定休)

 

それでは、今日もお読みいただきありがとうございました!素敵な週末をお過ごしください。

-