-

こんにちは、Common Lifeのdeco.です。久々の秋晴れ〜と思ったら、またお天気は崩れるようですね。武蔵小杉では、週末イベント目白押しなので、お天気が気になるところです。

さ、ブログの更新が追いついていませんが、atelier h.c duoさん3年目の個展が始まっています。

 

「てしごと展 vol.3」

 

一目惚れをしてしまうお客様が多い、atelier h.c duoさんの作品。まずは、今年初めて出会った〜〜という方のために、改めてご紹介させていただきますね。

あなたのお洋服に似合ってしまうバッグ

atelier h.c duoさんの作品は、バッグがメインです。デニムの方も、ワンピースの方も、お着物の方も。バッグをお手にとって、鏡の前で合わせてみてください。

なんということでしょう〜〜!不思議なことに、フォトジェニックな1枚になってしまうのです。手持ちのお洋服が、こんなにハマってしまうなんて。しかもちょっとオシャレに見えてしまう。嬉しい限りです。

 

コレクションブランドで磨き上げたセンスと技

atelier h.c duo 作家 Sawakoさんは、アパレル業界(ニットデザイン)に長く携わり、atelier h.c duoを立ち上げる前は某有名デザイナーのコレクション(ニット)部門で ご活躍されていました。

「人生、編み物だけしかして来なかった。これからも編むことはやめられないの〜」と、Sawakoさん

フェルトバッグの技法をアメリカにて習得し、オリジナルのデザインで「atelier h.c duo」を2012年に立ち上げました。以降製作した作品は、バッグだけでも100点以上。

もう一つの魅力は、色使い。コレクションブランドの経験、Sawakoさんの磨き上げられたセンスで作られていく作品たちは「色」でも楽しませてくれます。Sawakoさんファンがたくさんいらっしゃるのも納得です。

 

フェルトのイメージを覆すバッグ

「フェルトのバッグ」と聞くと、柔らかそう、型崩れしそう、そんなイメージをお持ちの方もいるかもしれません。

atelier h.c duoのフェルトシリーズ(Koln)は、そんなフェルトのイメージを覆す作品です。

作品は羊毛100%。すべて手編みで編み上げてから、洗いをかけてフェルト化しています。詳しく言えば、完成品の約3〜4倍のサイズでバッグを編み上げてから、丸1日 何度も洗いをかけ、オリジナルの型に合わせて縮めています。結果、圧縮された丈夫な厚み、型崩れしにくいデザイン、独特の風合いとなります。

冬のお出かけを楽しくオシャレに

ブーツでも、スニーカーでもOK。暗く、ワンパターンになりがちな冬のコーディネートも、明るくオシャレにしてくれるバッグたち。あなたのお洋服に、ピタッとハマる1点が きっとここにあります!

この先何年も、冬の訪れが楽しくなってくるバッグ。それは、ハンドメイドならではなのかもしれません。atelier h.c duoの作品を通して、手仕事の温もりも一緒にお届けできたらと思います。

当店での個展は、今年で3年目。この3年でSawakoさんからも、作品からも沢山の出会いをいただきました。ありがとうございます。
そして、今年もうっとりするような新作が揃っていますよ!あなたのご来店を心よりおまちしております!!

 

atelier h.c duo「てしごと展 vol.3」
10/28(土)まで開催。
日月定休

-