-

こんにちは。Common Lifeのdeco.です。過ごしやすいお天気です。関東は明日からしばらく雨のようです。

Facebookにupしたところ、思った以上の反響で正直びっくりしていますが、今日はブーツのご紹介です。

 

静岡の靴ブランド「Recipe レシピ」

1952年設立の前田工業株式会社が創る「Recipe レシピ」

革の持つ柔らかさと自然の風合いを活かし「Made in Japa」にこだわり、日本人の足に合うよう木型で1足ずつ丁寧に生産しています。

 

 

 

 

RECIPEの靴づくり

履き心地よく長く愛されるために、RECIPEは、革・底・中底の材料品質、加工技術にこだわっています。
革は兵庫県の素晴らしい水質を活かし鞣し加工することにより、驚くほど柔らかい革に仕上がっています。

底で使われるゴムや中底で使われる紙はともに日本国内で調達しており、とても優れた品質です。このような優れた材料を用いて、日本人ならではの繊細な加工技術により生まれた靴です。

静岡の自社工場で生産してします。

 

 

Made in Japanでこの価格の理由

サイドゴアブーツ/¥12,000+Tax

ペコスブーツ/¥13,000+Tax

Recipeの靴が、日本製革靴なのに この価格帯を実現できている秘訣は、材料調達から製造加工までを静岡自社工場で生産コントロールしている点にあります。

国内生産により生産工程や品質が透明化され、安定した量産を可能としています。

海外生産における国際物流費用や時間、生産ロットといった課題に対しても、生産全てを国内で行うというシンプルな視点で解決していきたいと考えているそう。

 

 

快適な中敷

ブーツの中敷は、ソフトクッションカップインソールを使用。

柔らかな革と、快適な中敷は足にとっても優しいです。秋〜冬の通勤やお散歩が楽しくなること間違いなし。

 

 

22.5cm〜24.5cmまで5サイズ。2色展開です。

正直ね、サイズ展開の細かなものをお取り扱うのは、当店のような小さな雑貨屋では厳しいのが現実。在庫増えるし、ブーツの箱大きいし。場所とるし。。。

でも、Recipeの靴、本当に気持ち良いのですよ!!!を知っている私は、ぜひブーツも紹介したくって。

「小足でなかなか靴がなくって」とか、「硬い靴は疲れてダメなのー」とか「子供を抱っこしたまま履くから、脱ぎ履きがしやすいのが良くって。でもムートンは違うの。。。」とか。

靴に関するお悩みはいつも聞いています。靴選びって、大事ですもんね。

 

だから、ブーツ1つ仕入れるだけでも、もう何人もの大好きなお客様の顔が浮かびましたよ。あの方は24cmだったなとか。あの方は22.5cmだなとか。靴は黒って言ってたなとかね。

決して押し売りはしませんが(笑)、デザインをこの2型に絞って、お取り扱いを始めることにしました。

サイドゴア 左/ダークブラウン 右/ブラック

ロングスカートや、ワイドパンツが多い方、足首のフィット感が欲しい方は、サイドゴアがオススメです。

 

左/ブラック 右/ダークブラウン

ペコスブーツ/¥13,000+Tax

ペコスブーツは、足細(に見える)効果があると勝手に思っています(笑)
膝丈スカートや、ワンピ、パンツはスリム派という方にオススメ。

履き口が広いので、脱ぎ履きが楽なのも良いですね。

 

 

いかがでしたか。
店頭にないサイズはお取り寄せになります。が!なんせそれほど大きな工場でもなく、シーズンものは無くなってしまえば おしまいなので、気になる方はお早めにどうぞ。

 

それでは、今日もお読みいただきありがとうございました。

 

-