-

こんにちは。新丸子の雑貨店Common Lifeのdeco.です。夏が戻ったなーという気候ですね。おかわりございませんか?

今日は、あの!!作家さんがついに当店でデビューしましたよ!のお知らせです。

そう、小杉てづくり市にも出店くださった、
パラグアイ刺繍「ニャンドゥティ」でアクセサリーを作られている、作家Lindhilo(リンディーロ)さん



南米 パラグアイに伝わるレース「Ñandutí(ニャンドゥティ)」
その伝統的な図案をベースにアクセサリーをつくっています
ブランド名はスペイン語の “lindo(美しい)” と “hilo(糸)”から付けました

 

 

 

ニャンドゥティとは

ニャンドゥティとは、現地の言葉で「蜘蛛の巣」を意味するそうです
私のつくった小さな蜘蛛の巣が、この美しい伝統工芸と、それを育む
パラグアイという国を身近に感じていただくきっかけになればうれしいです

 

 

ニャンドゥティを始めたきっかけ。

それは、レースのような美しい模様に一目惚れをされたから。だそうです。分かるわあ〜(笑)

パラグアイは、スペインの植民地だったことから、言語はスペン語。実はLindhiloさんはスペイン留学経験もあり、スペインにゆかりのある方。きっと潜在的な部分から惹かれていったのでしょうね。

 

制作現場


ニャンドゥティは、まずピンと張った生地に刺繍糸で織物のように刺しながらデザインしていきます。

刺し終わったら、下地の生地を全て抜いて、ピアスにするために糊付け加工。

こうやって書くのは簡単ですが、とっても手間がかかっています。でも、その手間暇が これだけ美しい模様を作り出しいるのでしょうね。

おしゃれな色の組み合わせばかりで迷っちゃいます。色の組み合わせは センスですよね〜!!

お好みの色はございますか?

元気が出る色、女性らしい色、ちょっと前に進めそうな色。

透け感がまた涼しげで、見る人も楽しませてくれますね。

店頭の作品は全てピアスですが、イヤリングへの交換もできます(有料) お気軽にお声掛けくださいね!

 

オリジナルパッケージ

まるで、パラグアイからお手紙が届いたようなパッケージ。そのままプレゼントしても喜ばれそうです。

Lindhiloさんも「作品を通して、パラグアイという国を少しでも身近に感じてくれれば嬉しい」とおっしゃっております。

パラグアイって、ここにあるんだ〜
ニャンドゥティって綺麗ね〜

そんな会話が広がるといいな。と思います。

近々Webstoreにもupしますね。

それでは、今日もお読み頂きありがとうございました。楽しい花金をお過ごしください。

lindhilo(よろしかったらフォローを!)
Instagramはこちら

-