-

こんにちは。Common Lifeのdeco.です。
ジメジメとした梅雨を感じる1日ですね。いかがお過ごしですか?

こんなお天気の日は、髪のボリュームが2…いや3倍です。髪を結べないショートやボブの方はセットが大変ですよね。モワモワと湧くように膨らむ髪の毛は、1日が憂鬱になったり。

そんな憂鬱多毛女子でもある私。「deco.さんていつも帽子とかターバンだよね〜」とよく言われます。そう、わたくし新丸子を代表する「ターバン同好会会長」です。

 

ターバン、挑戦してみたいけれど、ゴムが入っていると頭がキツくて痛くなる〜
うまく巻けない〜
使うか分からないのに、買うのも勇気が。。。。

 

そんな方に朗報です!

絶賛開催中。PINTのリネン展(7/12まで)で、初登場した 本麻 先染めチェック四角布 がこれまたターバンにちょうどいい!んです。

65cm角の四角布なので、頭の大きな方でも、十分な長さ。正にちょうど良いサイズ。バイヤス目で折れば、伸びますしね。

 

近江上布

素材はラミー100% 本麻手もみ仕上げ。

そのそも、麻の種類ってご存知ですか?
当店で 草木染めストールや洋服で登場するのは リネン(亜麻)ですが、今回ご紹介するのは、ラミー(苧麻)

 

麻の本場 滋賀県近江(琵琶湖湖畔)で作られました。
麻は織物にする行程で乾燥にとても弱いため、生産は湿潤な気候が適してます。近江は愛知川の豊かな水と高い湿度から、麻の産業に適した環境。水が綺麗なのは、染にも適しているので、美しい麻の織物が作られます。

上布とは=細い糸を産地独特の技法で織り上げ、加工した高級な麻布のこと。

麻は、染と相性もばっちり。

糸の段階で染めた先染めの織り柄が、近江の麻の特長的な織物とも言われます。

先染めの糸色が綺麗に出ています。コレクションブランドやヨーロッパのブランドへの生地を中心に織る織元ならではの色使いの生地。カジュアル過ぎないもの、合わせやすさの秘密です。

 

チクチクしません。

100番という細いロイヤルラミーで織られた生地。独特のシャリ感が、気持ちよく とっても涼しいです。

私の持っている歴代ターバンの中で(勝手にターバンにしていますが)、頭に巻いて涼しいランキング第1いです。


麻素材のメリット
・強度がある
・通気性と速乾性
・涼感がある

デメリット
・シワになりやすい

ま、このシワがいいんですよね〜!!

全部で4柄です

 

blue×red

blue×orange

blue×white

orange×red

 

 

ターバンでどうやって巻くの??

と、よく聞かれますので、ホント巻くだけなのですが、動画upしました。

 

ターバンは勇気ないわ〜〜という方。
風呂敷としてもスカーフとしても、この65cmという大判サイズは とにかく大活躍しますよ!

 

伝統工芸品にも指定されている、近江の本麻。日本のモノづくりをぜひ肌で感じてみてください。とっても気持良いですよ〜!!

 

長々お読みいただきありがとうございました。素敵な水曜をお過ごしください。

 

本麻 先染めチェック四角布
サイズ/ 65cm×65cm
素材/ ラミー100%
¥3,780

-