【3つくらい欲しい針刺し】こぎん刺しのブックブクロ

こんにちは。Common Lifeのdeco.です。取引先からは、GWの営業にの案内が連日の用に届いております。

GWですね〜。おやすみの方は、充実した休暇を。お仕事の方は、お互い頑張りましょうね!

当店は
4/29(土) 10時〜18時
4/30(日) 休業(地酒と琵琶@丸子テラス)
5/1(月) 休業
5/2(火) 10時〜18時
5/3(水) 10時〜17時
5/4(木) 10時〜17時
5/5(金)-8(月) 休業

上記の日程で営業します。変則ですが、皆様のご来店をおまちしております。

今日は、こぎん作家「こぎん刺しのブックブクロ」さんの作品をご紹介します。

先日届いた、かわいい針刺し。

お裁縫箱に1個、ミシンの脇に1個。職場の裁縫セットに1個。そんな感じで、手芸をされる方にしてみたら、数カ所においておきたい!丁度よいサイズの針刺しです。

津軽こぎん刺し をご存知でしょうか

津軽こぎん刺しとは、青森津軽地方に伝わる、伝統的な刺し子模様です。江戸後期、農家の人々は目の粗い麻布でできた着物を来て。農作業をしていました。
農家の女性は、その着物の粗い布目を刺し子で埋め、保湿性・強度を高める工夫をしていました。そこに刺された、菱形を主とした幾何学模様のことです。

ブックブクロさんは青森在住。20年近くこぎん刺し習われている作家さんです。
「こぎん刺し」という伝統工芸を生かしつつも、もっと気軽に今の生活に取り入れられるような作品を作ることを目指し、作品作りをされています。

 

針刺し(小)/ ¥1,000

クロスステッチとは違い、模様の中心から、左右上下に針をヨコに運んでいきます。なので、しましまな糸目。

竹籠に入った針刺しは、置いてあるだけでもインテリアとなりそうです。

お裁縫好きなあの人へ。ちょっとしたプレゼントにも喜ばれそうですね!
趣味は道具からこだわる。そんな方も多いのではないでしょうか。

こんな針刺しが、お裁縫箱に入っていたら、主人のとれたワイシャツのボタンも、笑顔で付けてあげられそうです(本当か??)

 

お裁縫箱に1つ。こぎん刺しのブックブクロさんの「針刺し」はいかがですか?

 

それでは、今日もお読みいただきありがとうございました。素敵な木曜をお過ごしください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です