-

今日はしめ飾り教室の作品をご紹介。

こんにちは!新丸子駅より徒歩4分。路地裏の雑貨店Common Lifeのdeco.です。急に気温が下がった上に雨の新丸子。そして誰もいない店内は、冷え冷えします。。。(苦笑)

先日のjamさんのワークショップの続き。今日はしめ飾りです。

いきなり完成品


をupすると、超簡単に出来上がったように思われてしまいそうですが。。。。

これで2時間はかかりましたよ。水引の要領で作っていくのですが、なかなかムズイ。

それでも皆さま奮闘して頑張りました!! どのしめ飾りも、スタイリッシュ〜

現代の洋風な玄関にはとっても似合いそう。

最後は、大撮影大会

 

いつから飾れるの??

毎年書いています(笑)
一般的にはクリスマスが終わってから年を越すまでには飾ります。

 

飾らない方がいい日

  • 12月29日
    二重苦、苦にかけて縁起の悪い日とされているのでしめ縄、しめ飾りは飾りません。
  • 12月31日
    この日に飾ることは一夜飾りと言われ、神様に失礼とされるので飾りません。

そして、こんな素敵なしめ飾りは、早く飾りターーーイ!という方。飾ってももちろん大丈夫です!!

本来は、 http://fwhp.ca/media-corner/48-in-the-news?format=feed 12月13日が「すす払い(大掃除の由来)」と言い、正月の準備の始まりで、準備ができたらしめ飾りを飾っていたそうです。

ま、あくまでも「正月の準備ができたら」という話です。それまでに大掃除を終わらせている方には朗報かもしれません(耳が痛い)

 

いつ外すの?

一般的には正月飾りを片付ける here 1月8日の松の内に外します。「松の内」はお正月に飾るものをすべて外して片付ける日。

もう一つは here 1月15日の左義長(どんど焼きを行う日)に外す地域もあるようです。

どちらか分からない場合は、1月8日に外せば間違いはないそうですが、これを機に、地域の方に聞いいてみる!というもの一つかもしれませんね。

新年の準備をして、年神様をこころ穏やかに迎えたいものです。

 

それでは、今日もお読みいただき、ありがとうございました〜。

-