-


こんにちは。Common Lifeのdeco.です。透き通るような青空が気持ち良い朝でした。

毎年恒例のお花屋jamさんの巡業ワークショップ。昨日のクリスマスリーズ教室の翌日は、丸子テラスにて「しめ飾り教室」を開催しました。


今年は、とってもモダンなデザイン。リースを外した後に、あまりにも「ザ・和」なしめ飾りだと、ギャップがありすぎるな〜〜とお感じの方も多いはず!!

今回はのデザインは、マンションのドアや、洋風なご自宅にもとっても似合うしめ飾り。皆さま黙々と作られました。

作業すること約1時間。それぞれのセンスで、素敵なしめ飾りができましたよー!!

お母様と一緒に頑張って作ってくれました↓


子供の独創力と、引き際の潔さには、学ぶものが多いです。大人は、つい盛り過ぎてしまう。。。(笑)

いかがですが?どれもとてもセンスのある作品ですね。
ご参加くださった皆さま、ありがとうございました!!

 

そして、毎年書いているのですが。。。

 

しめ飾りって、いつから飾るの?

一般的にはクリスマスが終わってから年を越すまでには飾ります。
飾らない方がいい日が
12月29日
二重苦、苦にかけて縁起の悪い日とされているのでしめ縄、しめ飾りは飾りません。

12月31日
この日に飾ることは一夜飾りと言われ、神様に失礼とされるので飾りません。

 

そして、こーーーんな素敵なしめ飾りは、早く飾りターーーイ!という方も多いと思います。飾ってももちろん大丈夫ですって!!

本来は、12月13日が「すす払い(大掃除の由来)」と言い、正月の準備の始まりで、準備ができたらしめ飾りを飾っていたそうです。

ま、あくまでも「正月の準備ができたら」という話です。それまでに大掃除を終わらせているスーパー主婦の方には朗報かもしれませんけどね(私には皆無ですが。。。)

 

いつ外すの?

一般的には正月飾りを片付ける1月8日の松の内に外します。「松の内」はお正月に飾るものをすべて外して片付ける日。

もう一つは1月15日の左義長(どんど焼きを行う日)に外す地域もあるようです。

どちらか分からない場合は、1月8日に外せば間違いはないそうですが、これを機に、地域の方に聞いいてみる!というもの一つかもしれませんね。

 

新年の準備をして、年神様をこころ穏やかに迎えたいものですね。それまで、頑張りましょうね!お互い(笑)

それでは、今日もお読みいただき、ありがとうございました〜。

-