-


こんにちは。新丸子の雑貨店Common Lifeのdeco.です。

今週も始まりました。よろしくお願いしまーす!

さ、昨日は2つお隣の武蔵新城まで出張してきました。NPW(ヌメ革パッチワーク)のワークショップを、新城テラスさんの奥のワークショップスペース【PASAR SHINJO】にて開催。

講師は、NPWの学校「古本」さん。

NPWとは

浅草の靴職人曽田耕が考案したバッグNPW【NPWとはヌメ革[N]のパッチ[P]ワーク[W]】を誰でも気軽に作れるワークショップです」

皮革産業という抗えない大きな流れの中で、不要として日々排出されるありふれた材だけを使い、金槌1つ、短時間で制作可能なバッグ。留め具はカシメのみ。道具は、金づちとハサミ。

あらかじめ空けられた等間隔の小さな穴の数々。
その穴によってまるでブロックのおもちゃの様に、色んなカタチをどのようにでも繋げてバッグを作る事が可能です!

「捨てる」ものから、個性的な1点ものの「アートな鞄」が出来上がる。

講師の古本さんは、「それを持つだけで、社会に対してものすごくメーッセージ性の強いものになる」と話します。

切りっぱなし、ラベルのついた状態、そんな端材がまた「味」になるのです。

ということで、早速スタート。

とにかくカシメを打って打って打って。


頭でイメージしたそのものができるわけではなく(笑)

偶然出会った革のハギレを、フロックのように繋いでつないで。己と向き合う時間でもあります。

思うようにはいかないもの。それがまた楽しかったりします。

ほぼ3時間。皆さん、休憩なしのノンストップで仕上げました。ものすごい集中力。

 

 

それでは、完成品のお披露目〜〜〜〜!

出来上がった時は、スッキリいい表情!!

荷物を入れ替えて、出来上がった鞄を持って帰る方が多かったです。この鞄、毎日見ていると、更にじわじわと愛着が出てくるのですよ〜!!

参加された皆様からは「とっても楽しかった!!!」と言っていただきました。お疲れ様でした!!

 

今回は平日開催だったのですが、リクエストをいただければ、また開催していきたいと思います。お気軽にお声がけくだいね。

 

それでは、集合写真でお別れです。今日もお読みいただき、ありがとうございました。

-