-


こんにちは。新丸子の雑貨店Common Lifeのdeco.です。

怒涛の週末が明け、新たな企画の打ち合わせで、なんだかふわふわした日々です。こういう時こそ、気を引き締めなくては!です。今日も秋らしい気持ちの良いお天気ですね!いかがお過ごしでしょうか。

先週の土曜に開催した「第4回小杉手づくり市」のレポをお届けします。

 

38組のアーティスト

実は今回、50組以上の出店申込がありました。まだ歴史もないこのイベントに、こんなにもたくさんの方が出店希望してくださっていることに、とても感謝です。

中には、過去の出店者さんから「いいイベントだったよー!」と紹介してもらった。という方も何組かいらっしゃいました。こうやって繋がって行くの、私の理想です。ありがとうございます。

リピーターの出店者様から、初めましての方。ジャンルはアクセサリーから、布小物、染物、漆、陶器、花、イラスト、などなど。

 

晴天のスタート

朝の打ち合わせからスタート。私からのお願いは2つだけでした。

1.事故がないように
2.とにかく自分たちが楽しむ

それだけ。

スタートから続々と来場者がいらっしゃり、通りは賑わっておりました。出店者の中には、イベント出店の経験が豊富な方も多く、ディスプレイやお客様を楽しませる接客など、私が参考になることばかりでした。さすがです!

 

思いもよらない雨。。。

お昼過ぎた頃から雲行きが怪しくなってきました。そして、14時頃から突然の雨。。。個人的にてんやわんや(笑)

それでも、なんとか乗り切り、15時まで開催することができました。ほっ

 

武蔵小杉駅前通り商店街

今回はワークショップ出店も多く、お客様の滞在時間も長かった印象。飲食ブースもあったら、もっともっとゆる〜く、なが〜く過ごせるのですけどね、。キャパ的には、今が精一杯。

 

それでも、道路という難しい場所で、「手づくり市」が継続して開催できるのも、商店街の皆様のおかげです。感謝しかないです。

何かとメディアでは派手に取り上げられ「タワーマンションの街」みたいなイメージの強い武蔵小杉ですが、こうして商店街の人情味溢れるところが私は大好きです。

 

目指すのは、人と人の繋がり

どうして「小杉てづくり市」を開催するのか。

店を始めた動機は「モノづくりを応援したい」という気持ちからです。手づくり市もその延長線上のもの。

小杉手づくり市に出店されることで、出店者同士だったり、出店者と街の人だったり、商店街の方とだったり、少しずつでも人と人の繋がりができたら、楽しいだろうなって思います。

そして、回を重ねるごとに思うこと。
それは、出店者の方々がこの「小杉手づくり市」を自分ごとのように捉えてくださっているということ。設営、撤収を一緒にしてくださったり、告知に奮闘してくださったり、イベントが更に良くなるように、アドバイスをくださったり。

私が未熟な分、皆様に育てていただいています。

 

ということで、今回もたくさんの方に関わっていただきました。ご来場くださった皆さま、出店者の皆さま、商店街の皆さま、ボランティアカメラマンをしてくださった石川さん、遠くから応援してくださったお客さま、いつも協力してくれる家族、本当に本当にありがとうございました。

第5回も開催できるようにがんばりまーす!!

それでは今日もお読みいただきありがとうございました。楽しい木曜をお過ごしくださいね。

 

-